トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 メリット 受任通知 サイトマップ

 

 

交通事故にあってもあわてず弁護士さんに

交通事故での弁護士の受任通知について

不安 交通事故の被害者は、けがで動けず、後遺障害への不安もあり
肉体的にも精神的にも非常に苦しい状況に陥ります。

けがの治療に専念すべきなのですが、被害者が交通事故直後から
やっておくべきことは山ほどあるのが現実です。

それをせずじまいでいたことで、後から不利になることはたくさんあります。

重傷であったら、交通事故直後から弁護士に依頼し、すべてを任せることです。
弁護士は依頼を受けたら、加害者側に受任通知を出します。

それで加害者側は、被害者に弁護士がついたことを知ります。

それ以降は、加害者側から不当な対応をされることはなくなります。

受任通知がなされない、つまり被害者が弁護士に相談はしているけれど、
まだ依頼してはいない段階だと、加害者側は被害者に症状固定を迫ったり、
治療費の支払いを打ち切ったりしがちです。

任せる

しかし弁護士が窓口になったら、そうしたことはまずしません。

被害者は、加害者側と話さずに済みますので、余計なストレスをこうむることもなく
治療に専念できます。

もともとけがを負って体が動かせないでいる側と、健康でピンピンしている側とでは、
対等な交渉はできないものです。

ましてや被害者は右も左もわからない素人で、相手は賠償額を減らす業務に
毎日取り組んでいるプロです。弱って失意の中にある被害者が、話をすべき相手ではありません。

交通事故に詳しい弁護士なら、保険会社の担当者は太刀打ちできません。安心して任せられます。