トップ 計算 禁固刑 主婦 救急車 被害者 基準 依頼 過失割合 損害賠償 代理人 サイトマップ

 

 

交通事故にあってもあわてず弁護士さんに

交通事故にあったら

 交通事故を起こして、自分が他人に怪我や死亡をさせてしまった場合、
その罪の重さによって罰金・懲役・禁固刑など処罰が変わってきます。

交通事故での罰金の場合、4000円までは科料刑になり、4000円を超える場合は
罰金刑になります。懲役刑や禁固刑の場合、刑務所での処罰になります。

 

誤って交通事故を起こしてしまい、被害者側にも過失が認められるときは、
執行猶予がつくことが多いでしょう。
執行猶予期間に交通違反を行うと懲役を科せられる事になります。

処罰

こういった万が一の時に備えて、すぐに連絡が取れる弁護士を探しましょう。

間違った判断を防ぎ、罪を重ねることのないようにするためにも大切です。

どんなケースにどんな罪が課せられるのか、弁護士に聞いてみてもいいかもしれません。

 

懲役刑とは、刑務所に入り労働作業を行うことです。禁固刑とは、刑務所に入り
労働作業を行わずに一室に閉じこもることです。
しかし、願いによって労働作業を行うこともあります。

このように、交通事故とは現実味のないことのようにも思えるかもしれませんが
万が一起こしてしまったあと自分の身に何が起こるのかを考えれば
じっとしてはいられなくなるのではないでしょうか。

助けてもらう